iPadを海外で使う

【保存版】海外旅行にはCellular(セルラー)モデルのiPadを持って行くのがおすすめな理由 3つ

スポンサーリンク

この記事では、iPadを海外に持っていくべき理由と活用方法を紹介したいと思います。これから海外に行く予定のある方はぜひ参考にしてみてください!

海外旅行に行くならcellularモデルのiPadを持っていくのがおすすめです。

海外旅行にはCellularモデルのiPadを持っていくのがおすすめ

海外旅行にはiPadがあれば便利だということは、わざわざ言わなくても大体の理由は分かるかと思います。しかし、できることならばCellularモデルのiPadを海外に持って行ければ、海外でiPadを100倍活用することができるはずです。

海外旅行にCellulaモデルのiPadがおすすめな理由 3つ

海外に行くのであれば、CellularモデルのiPadを持っていくのがおすすめです。それには3つの理由があります。

現地で「プリペイドSIM」を買って快適なインターネットが利用できる

SIMフリーiPadがあれば、現地で販売されている「プリペイドSIM」を買って快適なインターネットを利用することができます。海外で使えるプリペイドSIMカードは、Amazonでも購入できるので出発前に購入しておくこともできます。

プリペイドSIMは若干の設定が必要ですが、回線速度が安定しており、荷物量も減らせるのでおすすめです。

私は中国・香港・台湾・韓国のアジア圏で以下のプリペイドSIMをiPadに挿して利用しましたが、とても快適に利用することができました。タイムラグなどもなくYouTube動画も快適に閲覧できました。


アメリカなら「ZIP SIM」というプリペイドSIMカードがあり500MB14日間で2,000円前後にて利用できます。このように現地のプリペイドSIMを活用することで、日本のキャリアの高額なデータプランなどを利用しなくて済みます。


プリペイドSIMよりも設定なしで気軽に使いたい方は、WiFiルーターをレンタルする方法もあります。テレビ「世界の果まで行ってQ」でもおなじみ「イモトのWiFi」は評判も良いのでおすすめです。

スポンサーリンク

海外のフリーWiFiはセキュリティについても配慮が必要

渡航先によりますが、海外ではフリーWiFiの設置が日本より進んでいます。なので、Wi-FiモデルのiPadも海外でインターネットにつなぐことができないわけではありません。

しかし、フリーWi-Fiの場合セキュリティの面などで個人情報が抜かれてしまう恐れがあります。その点、cellularモデルのiPadであれば自身が契約したSIMカードでインターネットにアクセスできるのでセキュリティ面は解決できます。

また、渡航地域によってはフリーWi-Fiすら整備されておらず、Wi-FiモデルのiPadがお荷物になってしまう場合もあります。cellularモデルであればSIMカードさえさしておけばインターネットにつなぐことができるので、いざという時に役立ちます。

CellularモデルはGPS内蔵だから「地図アプリ」が利用できる!

CellularモデルのiPadにはGPSが内蔵されてるので、地図アプリ(GPS)が利用できます。

慣れない土地で道に迷うリスクを減らせ、現地人やタクシードライバーに道を尋ねる際にもiPadの画面を見せるだけで良いので、かなり楽に海外を歩くことができます。

CellularモデルのiPadはテザリングでWiFiルーターとして使える!

何人かで海外に行く際は、1台のiPadにプリペイドSIMを入れ、テザリング機能を利用してiPadをWiFiルーター化して使う方法もあります。これなら人数分のプリペイドSIMを購入する必要もなく、レンタルWiFiルーターを借りる手間もないので便利です。

【国内版SIMフリー】 iPad Pro Wi-Fi Cellular 128GB ゴールド (ML2K2J/A) 白ロム Apple

【注意】テザリングを使わない場合は「オフにする」

注意点として、テザリング機能を利用するとバッテリーを地味に消費します。なのでテザリングを使わない場合は必ず「機能をオフ」にしておくことをおすすめします。

使いたいときに使えなくなってしまう恐れがあるので、この2点だけは十分に注意してください。また海外旅行には大容量モバイルバッテリーを持っていくのもおすすめです。

海外でiPadを活用するおすすめアプリ・使い方

ここからは、海外でiPadを活用するおすすめアプリ・使い方について紹介していきます。

世界中で使える地図アプリ「Googleマップ」

海外に行くなら絶対に入れておきたいアプリの1つがGoogle Mapです。一部、中国などサービスが利用できない国もありますが、観光地の場所をタップすると口コミが表示されたり、実際に現地に行ったユーザーが注意すべき点を書いてくれていたりする場合があるので便利さは★5です。

海外の電車に乗るために切符売り場を探していても分からない時などに、そこを見ると「〇〇駅の切符売り場は地下にありますよ」などと書いてくれていることもあります。日本語が通じない現地では、こういった情報が大いに役立つでしょう。

iPadで写真や動画を撮影する

iPadにはカメラ機能が標準搭載されていますので、ちょっとした写真を撮りたいときなどに便利に使うことができるでしょう。

実はiPadに搭載されているカメラは画質が良く、きれいな写真や動画を撮ることができます。ちょっとした出来事を撮影するとき、デジカメなどを出している余裕がないときなどは、iPadのカメラ機能を使ってみると良いでしょう。

そのほか「翻訳」「乗り換え」など各国向けのアプリも入れておく

iPad向けアプリの中には各国向けに特化したアプリも豊富に存在します。

翻訳でいえば「翻訳名人」というアプリがあるのですが、これは事前にデータをダウンロードしておくことで、オフラインでも使うことのできるアプリとなっており、良く使うフレーズを現地の言葉に翻訳してくれます。さまざまな場面の言い回しが確認できるので、インストールしておいて損はないアプリです。

ほかにも、現地の乗り換え情報を参照できるアプリや、現地の天気を確認できるアプリなども合わせてインストールしておくと便利です。iPadは旅の必需品といっても過言ではないでしょう。

海外に行くならiPhoneよりiPadがあれば色々と捗る!

海外に行くならiPhoneより断然iPadの方が良いです。なぜなら画面が大きいから。iPhoneの画面サイズは小さく、地図を見るときなどに適さない恐れがあります。

また仲間同士で海外に行くときなど、画面が大きい方が皆で写真などの思い出を共有しやすいという利点があります。iPhoneより便利ですね。

さらに観光情報を調べるときなど、iPadはマルチウインドウにも対応していますので、2画面で情報を比較できるなど色々と捗ります。

【注意】海外ではiPadのパスワード設定を必ず行う!

また、海外でもiPadは人気が高い商品ですので、盗難・情報漏えいを防ぐためにも必ずパスワードを設定しておくようにしましょう。セキュリティ設定をしていないと、第三者に利用されてしまう恐れがあります。

そうなると、自身のデータ容量を使われてしまうことになり、使いたいときに使えないかもしれません。悪意あるウイルスなどを流されてしまうと、個人情報がすべて抜かれてしまう危険性も考えられます。

まとめ

海外旅行に行くのであれば、cellularモデルのiPadを持っていくことがおすすめです。現地でのインターネットは、レンタルWi-Fiルーターを借りるよりもプリペイドSIMの方が安く、そして便利に利用できますので、ぜひ渡航前に比較してみてください。

また、現地で分からないこともすぐに調べられるのでiPadがあれば色々と捗るのではないでしょうか。もし海外旅行に行く機会があるのであれば、SIMフリーのcellularモデルのiPadを購入して持っていくと良いですね。

では

スポンサーリンク
ABOUT ME
編集長sugi
編集長sugi
iPad Simulationの編集長 sugiです。 iPad Pro10.5インチのCellularモデルを愛用しています。 回線はnuro光とLINEモバイルの2刀流で快適なガジェットライフを満喫中